セントラル

Raffles Place

ラッフルズプレイス
ラッフルズプレイスは、別名「金融街」、シンガポールビジネスの中心地です。高層オフィスビルがそびえ立つこのエリアでは、ランチタイムになるとお腹を空かせたビジネスマンたちで溢れかえります。一方、週末になると、一気に静まり返りますので、お店のオープン時間は、要注意です!観光スポットとしても有名な「ラオ・パ・サ」もオフィス街からほど近くにあります。そして、そのすぐ目の前のブーンタット・ストリートは、夕方になると、サテの屋台街に様変わり。世界で活躍するビジネスマンたちの胃袋を満たします!
ラッフルズプレイスは、別名「金融街」、シンガポールビジネスの中心地です。高層オフィスビルがそびえ立つこのエリアでは、ランチタイムになるとお腹を空かせたビジネスマンたちで溢れかえります。一方、週末になると、一気に静まり返りますので、お店のオープン時間は、要注意です!観光スポットとしても有名な「ラオ・パ・サ」もオフィス街からほど近くにあります。そして、そのすぐ目の前のブーンタット・ストリートは、夕方になると、サテの屋台街に様変わり。世界で活躍するビジネスマンたちの胃袋を満たします!
105 shops

Attractions

The Fullerton Hotel

ザ・フラートン・ホテル

The Fullerton Hotel
シンガポール川の河口に美しく建つザ・フラートンホテル。1928年イギリス植民地時代に建てられました。1996年まで役所、中央郵便局として使われ、2001年にホテルへと生まれ変わりました。歴史を感じさせる館内で、アフタヌーンティーやブティックで優雅なひと時を!

Marlion Park

マーライオン・パーク

Marlion Park
王道観光スポット、マーライオン!頭は国名に由来するライオン、体は海の国を表す魚の姿をしています。国内に計6体のマーライオンがいますが、マーライオンパークでは、大小2体が連日多くの観光客をお迎えしています。日没後、白く輝くマーライオンも美しく人気です。

Cavenagh Bridge

カベナ橋

Cavenagh Bridge
シンガポール川の河口付近に架かるカベナ橋。1869年にインドの囚人によって建設された吊り橋です。当時のまま残るシンガポール最古の橋として知られています。昼間は、すぐ隣にあるフラートン・ホテルと並び青空に美しい白い建築が映えます。夜はライトアップを楽しめます。

Location

  • RAFFLES PLACE

  • Raffles Pl Stn Exit F(03031), Prudential Twr(03021)

  • NS26 EW14 Raffles Place EW16 NE3 Outram Park

<MRT East West/North Southライン> Raffles Place駅を出ると、構想ビルが並ぶラッフルズプレイスエリア。ラオパサへは、出口Iからロビンソン・ロードを進むと正面玄関に着きます。

TODO: TODO:
プレミアム会員に登録してJointHawkerをもっと便利に!
プレミアム会員になると?
こんなに便利で、月額なんと……
S$1!